自律神経の働き

自律神経の働き 自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があり、これらが互いにバランスをとって働いています。

このバランスがくずれて一方に偏った状態が続くと、免疫力の低下を引き起こし、ガンやリウマチ、アトピー性皮膚炎といったさまざまな病気が引き起こされてきます。

自律神経の作用
  交感神経優位 福交換神経優位
心臓 拍動が小さく速くなる 拍動が大きく遅くなる
血圧 上昇 下降
筋組織 緊張 緊張を弛緩
呼吸(肺の動き) 速くなる 遅くなる
唾液腺 分泌抑制 分泌促進
胃・腸管 ぜん動運動抑制 ぜん動運動促進

自律神経免疫療法で治癒力を高める

自律神経免疫療法では、一般的に注射針や磁気針、レーザーなどで皮膚や経絡(ツボ)を刺激し、瞬時に交感神経優位から副交感神経優位の状態に変えていきます。私も以前は専用の鍼灸針を用いて治療していましたが、当院では、皮膚浸透性の高い医療用レーザー治療機を使用していますので、痛みや出血もなく、どなたでも受けていただけます。

自律神経免疫療法の適応症状

効果が期待できる症状

  • ガン
  • リウマチ
  • 膠原病
  • パーキンソン病
  • 潰瘍性大腸炎
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • C型肝炎
  • 胃潰瘍
  • 耳鳴り
  • めまい
  • 難聴
  • 白内障
  • 片頭痛
  • 顔面神経マヒ
  • ひざ痛
  • 腰痛
  • 円形脱毛症
  • 前立腺肥大症
  • 頻尿
  • 不眠症
  • 冷え症
  • 便秘
  • 水虫など
関連する診療日誌: