点滴療法はこちら

オゾン療法

日本ではまだ認知度の低い治療法ですが、ドイツでは健康保険が適応され、この治療法を行う医師が1万人以上存在する、安全性と治療効果が認められた点滴療法です。

具体的には、まず静脈血100ccを専用ボトルに採血し、医療用オゾン加酸素ガスと混和させます。そして、ボトル内で化学反応を起こしたのち、再び血液を体内へ戻します。

具体的な効果としては、腫瘍壊死因子(TNF-α)の増加、抗炎症・抗酸化作用、活性酸素除去因子(SOD)の増加、循環状態の改善、免疫および酵素の活性化作用などが知られています。

オゾン療法

これらの作用により、ガンなどの難病や、アトピー性皮膚炎などの疾患から、慢性疲労や皮膚状態の改善など、アンチエイジング効果も期待できる治療です。 また、抗がん剤や放射線治療による副作用の軽減、手術前後の体力の維持・回復などにも効果が期待できます。

当院でも腫瘍の縮小や、腫瘍マーカーの改善、副作用の軽減を認めた症例もございます。また、当院では毎月100例以上と関西でもトップクラスの症例数を経験しておりますが、副作用や事故などは1例もない安全な療法です。

オゾン療法の手順

1.まずは問診

当日の体調などについて、問診します。 場合によっては受診できない場合もありますので、まずはお体の状態について、お話しください。

↓

2.血液を採取します

注射をし、専用のボトルに100mlの血液を採取します。

↓

3.オゾン加酸素ガスの混入

生成されたオゾン加酸素ガスを、採取した血液と専用ボトルの中で混合します。 混合されたオゾン加酸素ガスは、すぐに分解され体には無害です。

↓

4.体内に血液を戻す

輸血と同じ方法で、血液を体内に戻します。

効果が期待される症状

  • 病原菌の殺菌、ウイルスの不活化作用
    ウイルス性肝炎、ヘルペス等に有効
  • 血行改善作用
    下肢閉塞性動脈硬化症、静脈瘤、冷え症などに著効
  • 免疫細胞活性化作用
    癌細胞を抑制、抗癌剤及び放射線療法の副作用を軽減
  • 消炎鎮痛作用
    関節リウマチ、筋肉痛、帯状疱疹後神経痛などの痛みに有効
  • 抗アレルギー作用
    気管支喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症に有効
  • 動脈軟化作用(アンチエイジング)
    老化現象を改善し、容姿の若返りが顕著に認められる
  • 副腎・脳下垂体活性化作用
    ストレスや過労による慢性疲労性症候群に著効
  • 創傷治癒促進作用
    褥創、難治性皮膚潰瘍、感染性皮膚炎に著効
  • 脳循環改善、脳細胞代謝促進作用
    脳梗塞、物忘れ、認知症に著効
関連する診療日誌: