今日も初診のガン患者さんが数名。

その中の何人かの患者さん。

今日は生活習慣のお話だけで、処置も検査もなし。

『血液検査や薬は無いんですか?』と聞かれたので、今は必要ないとお答えさせていただく。

ある患者さんは、食べ物を使ったお手当のお話をさせていただいたら、ご紹介下さったお身内の方にヒソヒソ声で『ここは本当に病院なのか?検査もしてくれないし、薬も無いし・・・食べ物とか心の話しばっかり』と話されていた(笑)

病院に来たら検査と投薬が当たり前だと思われてるんでしょうね。

前の病院のデータを見たら、検査も十分されてますし、そんな薬は効かないんですけど・・・みたいな状態でした。

こんな考えが当たり前だと、どんどん医療費だけが上がっちゃいますね〜

もちろん、必要な物は必要ですが。

『うちで必要の無い高い治療や検査をするなら、体にいいものを食べる事にお金をかけるとか、温泉でも行って楽しい思いをして来て下さい』とお話して、診察終了でした(^O^)/

何か不満そうに帰られる姿を見ていると、薬でも出してあげた方が表面的には満足されるんでしょうが、体は悲鳴をあげちゃいますからね。

理解の無い状態で、色んな治療をしても、せっかくの効果が下がってしまいますのでね。

イヤイヤやっても、仕方ない。

今後は地道な説得が必要そうです。

薬好きの方が多いので、しっかり理解していただくのに、お話が難しい(>_<)