炭酸ガス療法とは

炭酸ガスは、ヨーロッパでは昔から医学療法に応用されてきました。炭酸の効能は、血管の拡張を促す働きがあることから、動脈硬化、心臓病などの循環器系疾患に対する治療です。しかも、血管の拡張は血圧を下げる働きもしますから、動脈硬化や心臓病のリハビリには大変重用されています。

みうらクリニックでは、アトピー性皮膚炎等の皮膚の様々な症状を改善するために炭酸療法を取り入れています。 皮膚炎に薬効がある鉱水が混ぜ込まれた炭酸ガスを患部へ噴霧することにより、抗炎症作用と新陳代謝の促進によって、症状改善が期待される療法です。

<炭酸ガス療法により期待できる効果>

  • 表皮を弱酸性(PH5)にし、抗菌効果を発揮する。
  • お肌を柔らかくし、汚れもはがれやすくする。
  • 老廃物が排泄される。
  • 乳酸の減少による疲れ、痛みの改善
  • ヒアルロン酸などのバリヤー成分が分泌されることによる美肌効果
  • コラーゲン合成が活性化され、しわが解消し、お肌にハリが出る。
炭酸ガス療法診療価格

(炭酸ガスのメカニズム)

炭酸ガス発生のメカニズム

炭酸ガス

炭酸ガスは非常に小さい分子構造のため、簡単に皮膚内を通過し毛細血管内に入っていきます。

毛細血管は侵入してきた炭酸ガスを老廃物とみなし取り除こうとします。 具体的には、血管を拡張し血流量を増加させ、酸素と結合した酸素化ヘモグロビンを供給します。

酸素化ヘモグロビンは、老廃物とみなした炭酸ガスを取り込む代わりに酸素を放出し皮膚組織へ供給します。

真皮の末梢血管へ取り込まれた酸素は、細胞を活性化し患部の新陳代謝や組織再生を促進します。

ホームケア商品のご案内

ホームケア商品は「みうらクリニック」でお買い求めいただけます。

炭酸パック

この炭酸パックは、もともと皮膚科専門医がお年寄りの床ずれを改善するために開発したものです。みうらクリニックでは、アトピー性皮膚炎やニキビの症状のある方にホームケア用として使っていただいております。炭酸の顆粒を濃厚ジェルと混ぜ合わせ気になるところに20分〜30分の間パックします。

ECローション

炭酸ガスとコラーゲン、ヒアルロン酸や抗菌や鎮静作用が期待される銀が配合されています。ジェルパックと違い手軽にケアできるため外出先でも簡単に使うことができます。